都内某私立大学 病理学講座

 ■ 病理検査室 (室内容積:100m3、換気回数:約16回/hr)

 

 【客先要望】

   ・検体整理時に0.1ppmをクリアしたい

   ・全体の原案を先生が作成、それをもとに設計・製作

   ・各対策機器の複合型設置

   ・客先要望により廃液タンク用排気装置を設計

   ・使い勝手を重視

 

 ■ 機器レイアウト及び測定ポイント

  ①シンク&            スライド式廃液タンク     ②卓上型吸引テーブル

  複合切出しテーブル         (①下部)

 

  ③酸素クラスター         ダクト内設置の様子     局所排気装置&

   エアブルー2400                          酸素クラスター用電気盤


 ■ 導入機器リスト

 ■ 設置後濃度測定結果(ppm)