■ 剖検室 (室内容積:70m3、換気回数:約30回/hr)

     【客先要望】

     ・ 固定槽から発生する高濃度のホルムアルデヒドをどうにかしたい。

     ・ 固定槽から流し台に移動させる際も漏洩させたくない。

     ・ 固定槽のホルマリン廃液処理を簡単に行いたい。

 

 

   ■ 機器レイアウト及び測定ポイント

 ①局所排気装置付き      ②λ型プッシュプルユニット     固定槽内部

 切出しテーブル排水付き     流し台&固定槽

③プルラック 両開き扉付き     プルラック内部       λ型プッシュプルユニット用

                                             電気盤


 ■ 導入機器リスト

   ■ 設置後濃度測定結果(ppm)

                                               (*:下限値以下)